HOME > 症状別メニュー > 多汗症

多汗症

多汗症

多汗症ボトックス治療は、ワキや手のひら、足の裏の汗を、ボトックス注射を用いて抑える治療です。

通常、汗は神経から汗腺に向け神経伝達物質が放出され、その刺激を受けた汗腺から出ます。緊張や運動によって交感神経の働きが活発になると、神経伝達物質の放出が増えるため、さらに汗が増えるのです。多汗症は、どれだけの量があるという診断基準があるわけではなく、汗が多くて困っているか、自覚症状があるか、という主観で判断されます。普段でも多汗症の方は汗の量が多い傾向にありますが、特に緊張した時に汗の量が増え、症状の強い場所は人によって様々です。

ボトックス注射には、神経伝達物質の放出を抑える作用があります。注射を行った周辺の汗腺からは汗が出なくなるために、緊張している時や運動中など、汗が出やすい状況下でも、汗を抑えることができます。また、ワキ多汗症とワキガは別ですが、においのもととなる汗腺の働きを衰えさせる効果を利用し、ワキや足の裏の多汗症を治療することで、気になるにおいを改善することができます。

効果は、個人差もありますが、約6~12ヶ月持続します。施術時間が10分程度と短いのも特徴です。夏に汗をかきやすいという方は、毎年4~6月ごろに治療をお受けになることで、快適に夏を過ごすことができます。

当院でお取り扱いしているボトックスは、厚生労働省やFDAの認可を受けているアラガン社製のボトックスであり、安全性や効果が高いとされております。繰り返し注射を行うことで、汗腺が徐々に萎縮し、持続期間が長くなったり、効果が倍増したりしていきます。

しわ・たるみ・多汗症に適した治療

ボトックス
日本で唯一厚生労働省承認ボツリヌストキシン製剤使用!!
ボトックスは、ボツリヌス菌から抽出されたたんぱく質の一種で、アセチルコリン分泌阻害の為、一過性の筋肉麻痺を起こしシワを改善していく治療になります。
アメリカでは、FDA(米食品医薬品局)で認可され、その安全性は既に確立し、美容外科・美容皮膚科での使用に対して10年以上の歴史があり、男女問わず多くの患者から支持されている治療です。
当院ではアラガン社製「ボトックスビスタ」を使用しています。国内唯一の厚生労働省承認のボツリヌストキシン製剤使用で安心・安全・高品質で患者様の満足度も非常に高いものです。
世界で1千万人以上の方がアラガン社製ボトックスビスタで治療を受け、市場シェアも95%以上の、2千万を超える症例数があります。