• 天神地区 詳しくはこちら
  • 博多地区 詳しくはこちら
HOME > 症状別メニュー > しみ・そばかす

しみ・そばかす

光老化性色素版

老人性色素斑
老人性色素斑(日光黒子)は早ければ30歳台で、多くは40歳以降に顔面・手背・前腕など日光(紫外線)にあたるところにでる濃い褐色の境界明瞭なシミです。紫外線に長期間暴露されたことにより、皮膚の表皮細胞が光老化し色素細胞(メラニン細胞)を活性化して過剰なメラニンを作らせます。今のシミは5~20年前に紫外線に当たった影響がでているわけです。

治療
老人性色素斑のシミの原因は、色素細胞(メラニン細胞)と表皮細胞の異常です。シミを取り去る根本的な治療は、紫外線で老化したこれらの異常細胞を破壊し、正常で健康な細胞に置き換えることが必要です。その方法としては、Qスイッチ・アレキサンドライトレーザー治療が最も効果的な治療方法です。
   Qスイッチ・アレキサンドライトレーザーは1億分の1秒というきわめて短い時間で強力なエネルギーを発生するために、正常な表皮細胞、色素細胞(メラニン細胞)、真皮、血管、脂肪組織に影響を与えずに、メラニンを大量に持つ異常な表皮細胞とメラニンを過剰に生産する色素細胞(メラニン細胞)を選択的に熱破壊します。レーザーで破壊された部分には、正常な細胞が再生してきてシミのない正常な皮膚が出来上がります。

治療の流れ
最初にシミがレーザーによく反応するかどうかを確かめるために、直径3mmの円形部分にテスト照射を行います(テスト照射は省略することも可能です)。
テスト照射部位のシミが消失するようであれば、全体のレーザー照射へと進みます。テストでレーザーへの反応が悪いときには美白剤を使用しての治療へ切り替えることも可能です。
レーザー照射したシミの皮膚はレーザーの熱によりダメージを受けていますので、その後10~14日ほどは肌色のテープにて保護する必要があります。
テープの下でシミの皮膚は痂皮(かさぶた)となり、その下から正常な皮膚が再生されます。痂皮が剥がれ落ちて下からきれいな正常の皮膚がでてきたら、テープでの保護の必要はなくなります。
その後、紫外線を防ぐためのサンスクリーンを使用しながら、ハイドロキノン(美白剤)またはルミキシルで炎症後の色素沈着症を防ぎます。これらを3~4ヶ月続けて治療は終了となります。
レーザーで治療した方の10%くらいでは、シミの細胞がレーザーに耐性を持っているために1回のレーザーでは不十分なことがあり、色素が残ることがあります。
また、炎症後の色素沈着症が強くて、ハイドロキノンのみでは、シミの消失までに長い時間がかかりそうな場合は、ハイドロキノンやルミキシルを併用したやや強力な美白治療を行い、色素沈着症を治療することがあります。

光老化性色素版のイメージ

外傷性色素沈着症

外傷性色素沈着症は、交通事故や転倒などの外傷により、傷口に砂などの異物が混入したり、鉛筆の芯などが混入したりした場合、このような異物を除去しないまま傷口が治ってしまった状態の色素沈着です。
自然に消えることはありません。

そばかす・雀卵班

そばかす・雀卵斑     
レーザー治療
純粋なそばかすであれば、e-maxハイパーオーロラ、アレキサンドライトレーザーなどメラニン色素によく反応するレーザー機器による治療がもっとも効果があります。当院では2種類のアレキサンドライトレーザーを症状によって使い分けています。
  
顔全体にちらばって存在するそばかすに対しては、e-maxハイパーオーロラやロングパルスレーザーを照射します。これによる治療の利点は、短い時間で顔全体をもれなく照射することができることで、照射後の発赤も少ないことです。しかし、一部そばかすが取れ残ることがあります。取れ残りのそばかすに対しては、Qスイッチレーザーを照射したり、ハイドロキノンの単独外用療法あるいはレチノイン酸とハイドロキノンを併用した外用療法を行います。
そばかすの範囲や数が少なく、完全にそばかすを取りたいときは最初からQスイッチレーザーを照射します。このレーザーの利点はシミ1つに対して1ショットのレーザーを照射して、確実にそばかすを消し去ります。ロングパルスレーザーと違い、照射部位に赤みが数日残ります。


外用薬による治療
さまざまな事情でレーザー治療が困難な場合は、ビタミンC誘導体外用、ハイドロキノン単独外用、あるいはレチノイン酸とハイドロキノン併用外用を行います。
 

ビタミンC誘導体外用
最も手軽な治療法です。1日2回程度そばかすに外用するだけです。ビタミンC誘導体は皮膚に浸透し、活性型ビタミンCに変わって、メラニン細胞の過剰なメラニン生産を減らします。この作用によりそばかすを消したり、薄くしたりすることができます。しかし、外用を中止すると次第にそばかすは元に戻ります。皮膚への浸透を促進させるのにイオン導入をおこなうとより効果的です。また、ビタミンC誘導体は、シミ、ソバカスを薄くする以外に1)毛穴の開き、2)ニキビ、3)小じわ、4)肌のキメなどの改善が期待できます。
   

ハイドロキノン単独外用
1日2回程度そばかすに外用する手軽な治療法です。ハイドロキノンはメラニン細胞のメラニン産生を抑え、さらに過剰にメラニンを産生する異常メラニン細胞を選択的に破壊します。ハイドロキノンによるかぶれなどがおこるかどうかテストを行った上で、1日1−2回ソバカスに外用します。
レチノインとハイドロキノン併用外用
レチノインとハイドロキノンという2種類の外用剤を組み合わせると、上記のハイドロキノン単独に比べ、高い効果のある治療が可能になります。
治療方法は「漂白期」と「治癒期」に分かれます。治療開始4~6週までは「漂白期」といい、レチノインおよびハイドロキノンを併用し、強力に表皮メラニンの排出を促します。多くの場合は治療開始後2~3日のうちに皮膚が紅くなる皮膚炎症状と、ターンオーバー(皮膚の新陳代謝)の亢進により皮膚の皮がうすく剥けるようになります。その後のそばかすが消失あるいは軽減した段階で「治癒期」に移行します。レチノインを中止しハイドロキノンのみを外用します。これより、紅くなった皮膚は、そばかすのない皮膚へと生まれ変わります。

そばかす・雀卵班のイメージ

しみ・そばかす治療法

Qスイッチルビーレーザー

診察⇒カウンセリング後メイクを落としていただいて施術になります。
施術箇所はガーゼ保護を行いその他の部分は当日からお化粧も大丈夫です。経過観察通院後様子を見て追加照射が必要な場合もあります。

レーザーシャワーG-MAX

診察⇒カウンセリング後メイクを落としていただいて施術になります。
永久脱毛に効果を発揮します。その他、コラーゲンを再生する為、肌のくすみ・シミの改善し、ハリと潤いのあるお肌へと改善していきます。また毛細血管にも作用する為、赤ら顔の改善や毛細血管拡張にも効果的です。
たるみや、お肌も引き締めも行います。

e-max SR(ハイパーオーロラ)

診察⇒カウンセリング後メイクを落としていただいて施術になります。
施術後すぐにメイクができるので、ご予定の前でも気軽に施術を受けて頂ます。
1回でも充分な効果が期待できますが4週間に1回の施術をお勧めしています